ワーキングホリデーについて

留学をする際に仕事をしながら留学ができたらいいのにと思った方はいると思います。
しかし、留学中に海外で仕事をするのは禁じられているため仕事をすることはできません。
ですがワーキングホリデーでは国が定めた11ヶ国の留学先で留学をしながら仕事ができるという制度があります。
仕事をしながら留学をしてみたいと思っている方にはとてもオススメな留学の一つです。
仕事をしながらなので必然的に留学に掛かる費用を抑えることができるのもワーキングホリデーの特長の一つといってもいいでしょう。
お金に心配をされている方はワーキングホリデーを使い海外留学を楽しむ人も多いです。
ですがこのワーキングホリデーにも欠点があります。
それは18歳から30歳までの方しかワーキングホリデーを使用することはできないということです。
なぜかというともともとこのワーキングホリデーという制度は青少年を対象に文化交流を目的とした留学方法なので青少年が対象となっているのです。
青少年と言われるのがこの18歳から30歳までの年齢ということです。
そして一度ワーキングホリデーを使って行った国では再度ワーキングホリデーを使って留学をすることはできないです。
気をつける点は多いですが、仕事をしながら留学ができるのはワーキングホリデーしかできないのでオススメの留学方法です。
滞在期間も1年から2年ですので長い期間留学を楽しむこともできます。
ワーキングホリデーを活用して留学をしてみるのも面白いですね。
建物