留学をして後悔をして

留学をすることによってそれが自分にとって良かったのか悪かったのかを判断することはできません。
結局は自分自身が何をできるのか?何をしていくことを目的としたのか?何を得ることができたのかをしっかりと相手に伝えることができるかどうかなのです?
留学は旅行と違ってただ行って帰ってきて楽しかったでは済みません。
海外の文化について知り、自分はどんな職業に就きたいのか?また海外で働いてみたいのか?もしくは将来海外に住んでみたいのかビジョンを明白に持つことができるようになるのが大切なことだからです。
留学をしたら就職活動が遅れてしまう、不安になることが多くなると思います。
確かに人によっては滞在時間などの理由で遅れる場合がありますし浪人をしてしまう可能性もあるかもしれません。
ですが留学をした人のほとんどが後悔をすることは無かったと言っているのです。
留学を決断するのは自分自身です。
決断をするには早めが良いでしょう。